原子力産業の進展として新たに原子炉8基を建設へ

「原発建設」
「2030年まで」
「バックエンド核燃料サイクル」
画像の引用元:画像引用元URL ロスアトム
新しい原発建設です。
政府は2030年までに新たな原子力発電用原子炉を8基建設する意向を示しました。
第3世代+の原子炉を採用し、バックエンド核燃料サイクルという画期的な技術も使用されます。

バックエンド核燃料サイクルの画期的な技術の使用とウラン供給によって可能性を最大限に活かすことで、将来における高速炉を用いた原子力発電所の建設費を削減できるとの事です。
また、バックエンド核燃料サイクルはウラン濃縮の段階的な放棄につながると同時に、燃料輸送費を削減することもできるらしいです。





でも・・・・
まぁ・・・
これ、ロシアの話なんですけどねー(*ノωノ)

釣りぽくてスイマセン・・・・m(__)m


日本の原発はほとんど止まったままですが、世界では原発は増え続けてるですよねー!
旧ソ連時代にチェルノブイリでやらかしたのに・・・
ロシアは原発を推進する選択をとっているんですねー(´・ω・`)


宇宙へ旅経つには、核融合エンジンの実現かワープ航法の実現かどちらが早いのでしょうか?(*´▽`*)
宇宙船のエンジン開発の為に必要なら、日本も原子力の技術を高める方向のが良いでしょうか。

でも!!!
「もんじゅ」てめぇーはダメだ( *´艸`)
いくら使ったと思ってるんだ・・・
まぁ国の金だけど・・・(-ω-)

社会派ぽっくなったけどネタが無かったんですよ( ノД`)シクシク…
記事内の引用元
ロシア、原子力産業の進展として新たに原子炉8基を建設
2016/9/9
お薦め記事
新着記事
人気記事
Link
今北産業とは
最初の3行の「」とタイトルで記事の内容を理解してもらう事を目的としたニュース系サイトです。
プライバシーポリシー
当サイトのプライバシーポリシーはコチラにて確認頂けます。
お問い合わせ